トップページ > JEITA講座

JEITA講座

概要

【背景と目的】
 近年の急速な技術革新に伴い、ITは企業活動及び国民生活の基盤として不可欠な社会インフラとなっており、我が国経済の国際競争力や国家の発展を支える源泉になっています。
 しかしながら、昨今、IT産業では、少子化や3K風評等による就職人気の低下などにより、産業界が求めている高度な人材は質・量共に不足しており、産学が連携して、将来の日本の発展を担う優秀なIT人材を育成することが急務となっています。
 そのための取組みの一環として、電子・情報産業の業界団体である(一般社団)電子情報技術産業協会(JEITA)では、加盟する企業から大学の講座に一流の技術者・研究者を講師として派遣し、各企業の研究・開発の現場で実際に経験したことを直接学生に伝える『JEITA講座』を2002年度から実施しています。
 『JEITA講座』では、通常の寄附講座とは異なり、技術そのものだけではなく「技術とモノづくりの面白さ」を伝えることによって、学生の皆さんに電子・情報産業で働くことの楽しさを理解してもらうとともに、大学で学ぶことの意義について気付きを与えることを狙いとしています。そのため、講座の趣旨・目的を次のように設定しています。

企業の第一線で活躍する技術者・研究者が、自らの業務を通して体験したことを中心に講義を行い、技術者としての姿勢、創造の厳しさ・喜び、企業が求める人材像などを自らの言葉で学生の皆さんに伝え、交流を図ることによって、高度化・多様化する産業界で将来活躍できる人材の育成に貢献する。

【概要と実施スキーム】
JEITA情報・産業社会システム部会/情報政策委員会の傘下に「JEITA講座運営WG」を設置し、次の図に示すようなスキームでJEITA講座を実施しています。

実施状況

【これまでの実施状況】

大 学講 座 名対   象講座期間備 考
東京大学協力講座(電子情報学特論1)大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻の修士課程ならびに博士課程 他2002年度〜隔年開講
前期
早稲田大学JEITA寄附講座
「IT最前線」
理工学部及び大学院理工学研究科 電気電子情報系 他2002年度〜2004年度前期
東京工業大学総合科目C:IT最前線大学院情報理工学研究科 他2002年度〜2003年度後期
立命館大学企業連携講座情報理工学部3回生2003年度〜2013年前期
情報理工学部1回生2003年度〜後期
大学院情報理工学研究科2012年度〜前期
電気通信大学情報システム学基礎1
「IT最前線」
大学院情報システム学研究科 他2003年度〜遠隔教育
後期
慶應義塾大学21COE/G-COE教育プログラム(情報・電気・電子分野)COE研究員
(博士後期課程の学生)
2004年度〜2011年度前後期
東京農工大学科学特論6「JEITA」講座大学院工学府2006年度〜
※2014-2015年度は休講
後期
横浜国立大学先端電子情報工学電子情報工学科3年生2007年度〜前期
東北大学情報科学特別講義
「先端技術の基礎と実践」
情報科学研究科の修士1年2008年度〜後期
岐阜大学学際科目
「先端情報技術特論」
工学研究科博士前期課程
(主に情報系)
2009年度〜前期
北陸先端科学技術大学院大学イノベーションセミナー1知識科学研究科、情報科学研究科、マテリアルサイエンス研究科の博士前期及び後期課程学生2009年度〜前後期
中央大学電子社会と情報セキュリティ情報工学専攻、電子社会と情報セキュリティ副専攻、高度情報セキュリティスペシャリストプログラム履修学生(修士1年生)が中心2013年度〜前期
情報ネットワーク構成特論同上後期
東京電機大学IT最前線大学院 未来科学研究科 情報メディア学専攻 修士課程1年、2年2014年度〜前期
津田塾大学特別講義IV B/情報科学特論G大学院:理学研究科情報科学専攻修士
学部:情報科学科4年生
2015年度〜後期

【アンケート結果】
 こちらをご覧ください
【講座開設の前提条件】
 こちらをご覧ください

講義テーマ

平成28年度 上期下期
平成27年度 上期下期
平成26年度 上期下期
平成25年度 上期下期
平成24年度 上期下期
平成23年度 上期下期
平成22年度 上期下期
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度

お問い合わせ

**----------------------------------**
一般社団法人 電子情報技術産業協会
 インダストリ・システム部
 JEITA講座運営WG 担当
 電話:03-5218-1057
 メール:itt3@jeita.or.jp
**----------------------------------**

ページの先頭へ戻る