トップページ > デザイン委員会

デザイン委員会

目的

映像・音響・情報システム機器などのデザインに関わる業界共通の諸問題に対処するとともに、関係機関などからの要請に協力し、専門的な見地から調査,研究,提言などを行う。
また、活動の成果を広く社会に還元し、消費者の利益に貢献するとともに、業界としてのデザインレベルの向上を図り、当該産業の発展に寄与する。

対象品目

映像・音響・情報システム機器などの、当会(JEITA)が対象としている機器・システム全般

事業概要

・デザインマネージメントに関わる諸問題の調査・研究 など
・産学に共通する問題に関する調査・研究 など
・操作図記号の規格化に関する調査・研究,提案,普及・啓蒙 など
・ヒューマンインタフェースに関する調査・研究 など
・エコロジカルデザインに関する調査・研究・啓蒙 など
・国内外の関係機関,関連団体等への対応協力 など
・その他

構成会社

全22社
アルパイン、キヤノン、OKIプロサーブ、オムロンヘルスケア、コニカミノルタ、JVCケンウッド・デザイン、シャープ、セイコーエプソン、ソニー、東芝、ニコン、NEC、東芝テック、パイオニア、パナソニック、日立製作所、富士ゼロックス、富士通デザイン、富士フイルム、三菱電機、リコー、レノボ・ジャパン

下部組織

・デザインマネージメント専門委員会 
・ビジュアルシンボル専門委員会
・ヒューマンインターフェースデザイン専門委員会  

事務局

一般社団法人 電子情報技術産業協会 放送・通信システム部

  • Get ADOBE READER

このサイトではご覧になるには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社のホームページよりダウンロード(無料)してご利用ください。

ページの先頭へ戻る