JEITA

【JEITA講座で講義をする際のポイント】
1.仕事の企業・産業・社会における意義を強調
 講師の皆様の仕事が、企業内や、日本・世界の産業、経済、社会にどのように影響を与えているのかを強調することで、学生の皆さんがIT業界で仕事をする意義を実感するようにお願いします。
2.自らの経験を臨場感をもって
 仕事への興味、成功談・失敗談、達成感など、経験を生々しく学生の皆さんに伝えていただくことで、仕事の「面白さ、やりがい」を学生の皆さんと共有するようにお願いします。
3.技術的説明は必要な範囲で
 学生の皆さんは、学年・専門分野・興味などが一律でないことがありますので、あまり立ち入った技術的説明をしても理解できない可能性があります。
したがって、技術的説明は上記1、2を理解するのに必要な範囲にとどめるようお願いします。
4.大学訪問を新たな出会い・発見の場に
 本講座により大学で授業をされる機会を活かして、先生方や学生の皆さんと議論をする機会を設けるなど積極的に交流していただくことで、新しい出会いや、発見をする場として活用するようお願いします。