トップページ > JEITA技術戦略シンポジウム2014− サイバーフィジカルシステム(CPS)の産業化を実現する科学技術イノベーション−

JEITA技術戦略シンポジウム2014− サイバーフィジカルシステム(CPS)の産業化を実現する科学技術イノベーション−

Topicsトピックス

JEITA技術戦略委員会では、2016年から今後5年間における日本の科学技術領域について、政府が策定する「第5期科学技術基本計画」に向け、中長期的な研究開発の在り方を産業界から提言することが必要と考え、IT・エレクトロニクス業界として、今後何を描き、実現していきたいのか議論を重ねてまいりました。特にサイバーフィジカルシステム(CPS)を膨大な数のセンサーで実世界をセンシングし、多量のビックデータを処理し、クラウド上の仮想空間でシミュレートし、多様な社会課題を解決に導く技術として捉え、提言の中心として作成しております。今回のシンポジウムでは、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議議員である東京大学大学院工学系研究科の橋本和仁教授から、今後の重要な政策課題についてご講演いただいた上で、「スマート社会の実現」に不可欠な「サイバーフィジカルシステム(CPS)」を基軸に、産業界におけるそれぞれの取組みについてご紹介をし、新たなエレキの世界観とビジネスモデル創造について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。是非この機会にご参加頂き、各社の今後の経営戦略やビジネスの方向性のヒントにして頂ければ幸いです。
【日  時】 平成26年12月11日(木) 13:00〜17:00
【場  所】 一般社団法人 電子情報技術産業協会 409-412会議室
        〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル4階
        http://www.jeita.or.jp/japanese/about/location/
【主  催】 一般社団法人 電子情報技術産業協会
【企  画】 技術戦略委員会
【申込期限】 平成26年12月4日(木)必着 120名
       (定員になり次第、締め切らせていただきます。)
【参 加 費】  会員4,000円(税込)、一般8,000円(税込)
        ※JEITA会員になることを検討中の非会員は、会員扱いとさせていただきます。
         後日担当部門から会員手続きのご連絡をさせていただきます。
【申込要領】 参加申込書に必要事項をご記入の上、下記の「申込先」宛てにメール
        (またはFAX)等でお申込み下さい。
       登録完了時には、ご登録E-mailアドレスへ確認メールをお送り致します。
        また、ご登録のご住所宛てに「受講票」と「請求書」をお送り致します。
【申 込 先】  E-mail:ts2014@jeita.or.jp FAX:03-5218-1078(知的基盤部)
【問合せ先】 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3
       一般社団法人 電子情報技術産業協会 知的基盤部 技術戦略グループ
        TEL 03-5218-1059   FAX 03-5218-1078
=============================
◆プログラム◆
司 会  向井 稔 〔技術政策委員会/(株)東芝 研究開発センター研究企画部 技術管理担当グループ長〕
  
13:00〜13:05   開会の挨拶
             島田 啓一郎  技術戦略委員会委員長
             〔ソニー(株) 業務執行役員SVP 中長期技術担当・技術渉外担当〕
13:05〜13:50  【第1部】基調講演:安倍政権の科学技術イノベーション政策
             橋本 和仁氏 
               東京大学大学院 工学系研究科 教授
             〔総合科学技術・イノベーション会議議員 日本経済再生本部 産業競争力会議議員〕
 
        
         【第2部】講演:スマート社会の実現に向けたIT・エレクトロニクス分野からの提言
13:50〜14:10  『電子・情報技術分野の技術ロードマップ2014』
              岡田  武氏 
              (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 電子・材料・ナノテクノロジー部 部長
14:10〜14:20  『第5期科学技術基本計画に向けての提言書』
             川名 規之氏  
             技術政策委員会副委員長
              〔ソニー(株) 渉外部 プロジェクト推進グループマネジャー〕
14:20〜14:40  『サイバーフィジカルシステム(CPS)を支えるセンサーデバイス』
             谷内 光治氏 
             ローム(株) 研究開発本部 統括部長(兼)新規事業推進部 部長
14:40〜15:00  『サイバーフィジカルシステム(CPS)による社会価値創造』
             江村 克己氏
             日本電気(株) 執行役員
15:00〜15:20  『サイバーフィジカルシステム(CPS)の産業化のためのビジネスモデル創造』
             島田啓一郎氏
             ソニー(株) 業務執行役員SVP 中長期技術・技術渉外担当
− 休 憩 −
15:30〜17:00  【第3部】パネルディスカッション:サイバーフィジカルシステム(CPS)の
              産業化を実現する科学技術イノベーション
          モデレータ
             荒川 泰彦氏   東京大学 生産技術研究所教授
                      (技術政策委員会委員長)
          パネリスト
             宮崎 貴哉氏   経済産業省 商務情報政策局
                        デバイス産業戦略室 室長 
             岡田  武氏   (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
                       電子・材料・ナノテクノロジー部 部長
             谷内 光治氏    ローム(株) 研究開発本部 統括部長(兼)
                       新規事業推進部 部長
             江村 克己氏    日本電気(株) 執行役員
             島田啓一郎氏    ソニー(株) 業務執行役員SVP
                         中長期技術担当・技術渉外担当
※ プログラムの内容につきましては、変更となる場合もありますので予めご承知おき下さい。
                                                        

以上

参加申込書
パンフレット

ページの先頭へ戻る