トップページ > JEITAナノエレクトロニクス技術フォーラム−ナノエレクトロニクスの研究開発と国際標準化−

JEITAナノエレクトロニクス技術フォーラム−ナノエレクトロニクスの研究開発と国際標準化−

Topicsトピックス

IT・エレクトロニクス技術は、多くの産業において製品やサービスの高機能化や生産性向上を実現するためのキーテクノロジーとして、各種製品やサービス等の付加価値創造の源泉を担っており、社会の発展に大きく貢献してきました。
今日の社会で扱う情報量の急激な増加に伴い、増大するエネルギー消費は、世界共通の課題である地球温暖化の一要因となっており、革新的なIT・エレクトロニクス技術開発による解決が急務となっています。革新技術の中でも特に、ナノエレクトロニクスは、従来のエレクトロニクスの機能を格段に向上させ、かつ大幅な省エネルギーを実現できるキーテクノロジーと期待されています。
JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)では、これまで、当該分野の開発動向調査及び標準化活動を実施すると同時に、ナノエレクトロニクスの研究開発の重要性を提言してきました。これらの活動の一環として、「nano tech 2013」の期間に併せて東京ビッグサイトにて、一般公開のフォーラムを開催することとしました。この機会に是非ご参加頂けますよう、ご案内致します。
【日  時】  平成25年1月31日(木)13:30〜16:55
【場  所】   東京ビッグサイト会議棟 605会議室
         http://www.bigsight.jp/press/access/  
【主  催】   一般社団法人 電子情報技術産業協会
【後  援】   一般社団法人 ナノテクノロジービジネス推進協議会
【企  画】  ナノエレクトロニクス研究会、ナノエレクトロニクス標準化専門委員会  
【申込期限】   平成25年1月24日(木)必着 120名
        (定員になり次第、締め切らせていただきます。)
【参 加 費】   JEITA会員:無料 、JEITA非会員:3,000円
        事前登録が必要です
【申込要領】   参加申込書に必要事項をご記入の上、下記の「申込先」宛てにメール(またはFAX)
         等でお申込み下さい。
         登録完了時には、ご登録E-mailアドレスへ確認メールをお送り致します。
         また、ご登録のご住所宛てに「受講票」と「請求書」をお送り致します。
【申 込 先】   E-mail:tsc4@jeita.or.jp FAX:03-5218-1078(知的基盤部 )
【問合せ先】   〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3
          一般社団法人 電子情報技術産業協会 知的基盤部 技術戦略グループ
          TEL 03-5218-1059   FAX 03-5218-1078 
=============================
◆プログラム◆
司会  遠藤 浩幸  (社)電子情報技術産業協会 ナノエレクトロニクス標準化戦略小委員会主査
              〔日本電気(株)
  
13:30〜13:35   開催の挨拶
               大谷   成元  ナノエレクトロニクス研究会主査
                         〔(株)富士通研究所〕
13:35〜14:05  国際標準化の重要性とナノエレクトロニクスへの期待
               鈴木 晴光 氏  
               経済産業省 産業技術環境局情報電子標準化推進室長
             国際標準化を取り巻く状況と標準化の重要性について、我が国の取組み、
             将来の方向性などについて紹介することとしています。
14:05〜14:45   有機薄膜太陽電池の研究開発の最新動向と標準化活
               吉田 郵司 氏
               (独)産業技術総合研究所 太陽光発電工学研究センター研究チーム長
             近年、エネルギー変換効率の成長が著しい有機薄膜太陽電池は、軽量
             フレキシブルで、意匠性に優れた、低コストな太陽電池としてその実
             用化が期待されています。本講演では、その研究開発の最新動向と、
             標準化活動の方向性について紹介します。
14:45〜15:25   有機/ナノデバイス計測に関する標準化について
               粟野 祐二  氏
               慶應義塾大学 理工学部 教授〔IEC TC113国内審議委員会委員長〕
             IEC TC113(ナノエレクトロニクス)に、日本提案のプロジェクトとし
             て開始された「有機/ナノデバイス計測に関する国際標準化」につい
             て、テーマ探索から設定に至る経緯を含め紹介します。さらに、TC113
             の最近の動向と、今後の課題についても述べます。
− 休 憩 −
15:40〜16:20   欧州のナノテクノロジー規制動向と標準化
               林 正秀 氏
              (社)ナノテクノロジービジネス推進協議会 事務局長
             現在欧州でナノテク・材料に関するルール化に向けた議論が活発に行わ
             れていますが、それを支援する目的でCENに対しMandate/461指令が出さ
             れていて、現在ISO/TC229でもナノラベリングなど関連した規格作りが
             進められており、これらの状況を紹介します。
16:20〜16:50   ナノエレクトロニクス標準化ロードマップについて
                二瓶 瑞久 氏
                (独)産業技術総合研究所連携研究体 グリーン・ナノエレクトロニ
                クスセンター 特定集中研究専門員
                〔ナノエレクトロニクス標準化ロードマップTG主査〕
               
             IEC/TC113においてナノエレクトロニクス分野での標準化に関するロード
             マップを作成しております。今回、More Moore領域における標準化ロー
             ドマップを紹介し、ナノエレクトロニクスに関する標準化の見通しを紹介
             します。
16:50〜16:55   閉会の挨拶
               萬  伸一  ナノエレクトロニクス標準化専門委員会委員長
                       〔日本電気(株)〕
※ プログラムの内容につきましては、変更となる場合もありますので予めご承知おき下さい。
以上

参加申込書
パンフレット

ページの先頭へ戻る