JEITAアルゴリズム体験ゲーム アルゴロジック

TOP > 教育関係者の皆様へ > よくある質問(FAQ)

FAQ


FAQ

アルゴロジック概要

アルゴロジックとは何ですか?

プログラミングの基本となる論理的思考(アルゴリズム)をゲーム感覚で習得するための課題解決型ゲームソフトです。プログラミング経験がまったく無い方でも、 楽しく「プログラミングをするための考え方」=「アルゴリズム」を知ることができます。プログラムの3要素のうち「順次処理」と「繰返し処理」を実現しています。

 

アルゴリズムとは何ですか?

コンピューターで計算を行うときの「計算方法」のことです。広く考えれば何か物事を行うときの「やり方」のことです。
詳しくは、アルゴリズムとは?をご参照ください。

 

どういう人たちを対象ユーザと考えていますか?

アルゴロジックは、主にプログラミング経験の無い中学生・高校生の皆さんにプログラミングする楽しさを知ってもらうことを目的に開発したソフトですが、小学生から大人まで挑戦できるよう、様々な難易度の問題を用意しています。また、アルゴロジックJr.(ジュニア)は、アルゴリズムの基本的考え方が習得できるよう、基本問題を中心に構成しています。

 

どういう学習場面での使用に適していますか?

プログラミングの入門段階での使用が望ましく、プログラム言語を使用することなく、順次処理や繰り返し処理の概念をゲーム感覚で習得するのに適していると考えています。他のタイルスクリプティング型ソフトと組み合わせて使用するのも有効であると考えられます。また、プログラミング以外にも、論理的思考力を養うためのツールとしての使用も有効と考えられます。

 

タイルスクリプティング型ソフトとは何ですか?

アルゴロジックのように、動作(機能)を表すタイル形のブロックをドラッグ&ドロップで並べることで実行させるソフトを指します。他にも、Squeak eToys、Scratch、プログラミンなどが知られています。

 

課題解決型ソフトとは何ですか?

Squeak eToys、Scratch、プログラミンがユーザが自分で画像や動作を作成するタイプのソフトウェアであるのに対し、アルゴロジックのように、与えられた課題を解決することで問題をクリアしていくタイプのソフトウェアを指します。

 

プログラムの3つの制御構造とは何ですか?

「順次処理」「繰り返し処理」「分岐処理」の3つです。プログラムはこれら3つの要素によって構成されています。
詳しくはプログラムの3つの制御構造とは? をご参照ください。

 

アルゴロジックJr.とは何ですか?

アルゴリズムの基本的考え方が習得できるよう基本問題を中心にしたソフトウェアです。使用方法はアルゴロジックと同じです。アルゴリズムの考え方にまだ慣れていない方々には、アルゴロジックJr.でアルゴリズムの基本的考え方を習得してからアルゴロジックの問題に挑戦していただくことをお勧めします。

 

アルゴロジック2とは何ですか?

アルゴロジック2は、アルゴロジックと同じコンセプトで開発された、プログラムの3つの制御構造を3つとも実現したソフトウェアです。

 

アルゴロジックとアルゴロジック2は何が違いますか?

基本的な考え方は同じです。アルゴロジックは、プログラムの3つの制御構造のうち「順次処理」と「繰り返し処理」を実現しています。また、ロボットが斜めに動くことができます。アルゴロジック2は、さらに「分岐処理」も実現しています。ロボットの動きは上下左右方向に限定されています。

 

アルゴリズムの学習に、アルゴロジックとアルゴロジック2のどちらを使えばよいでしょうか?

基本的には、学習の目標に応じてアルゴロジックとアルゴロジック2の特徴を生かした使用方法を検討していただくことを推奨します。
例えば、アルゴロジックには、ほぼ同じ操作で学習することができる入門的なアルゴロジックJr.があります。そのため、プログラムの基本的な考え方を知るところから始め、その上で、問題を解くための効率的手順を考えさせるといった学習を行う場合は、アルゴロジックおよびアルゴロジックJr.を使用するといったことが考えられます。
一方、プログラムの制御構造として「順次」「分岐」「反復」がありますが、「分岐」はアルゴロジック2にしかありません。そのため、3つの制御構造による情報処理の手順を知り、それを利用して、問題を解くための効率的手順を考えさせることを目的とした学習では、アルゴロジック2を使用することが考えられます。
一口にアルゴリズムの学習といっても、中学校の「技術・家庭科」、高等学校の「情報」、さらには小・中・高等学校の「総合的な学習の時間」等、様々な学習場面が考えられます。
そのため、それぞれの学習の目標を明確にした上で、児童・生徒の実態や指導時間等に応じて選択していただきたいと考えます。

 

アルゴロジックやアルゴロジック2を使うとプログラミングができるようになりますか?

アルゴロジックやアルゴロジック2は、プログラミングをするための考え方の学習に役立ちます。プログラミングができるようになるためには、プログラム言語による学習が必要です。

 

お絵かきアルゴロジックとは何ですか?

アルゴロジックのコマンドブロックを使用してロボットを動かし、軌跡で図形を自由描画するソフトです。問題は出題されません。

 

動作・仕様に関しての質問

アルゴロジック/アルゴロジック2を使用するのにインターネットに接続するための料金以外に費用がかかりますか?

かかりません。アルゴロジックのホームページにアクセスするだけで使用できます。

 

使用するのにソフトウェアをダウンロードする必要はありますか?

必要ありません。Flash PlayerがインストールされているPCであれば、アルゴロジックのホームページにアクセスするだけで使用できます。

 

ネットワーク環境の無い教室などで使用することは出来ますか?

学習・教育目的で使用する場合に限り、ネットワーク環境の無い教室などで使用するためのダウンロード型ソフトウェアをご提供しています。詳しくは、ご意見・ご感想・お問い合わせのページからお問い合わせください。

 

途中まで解いた履歴を別のPCに移すことは出来ますか?

このサイトでは、ご使用のパソコンにユーザーのプログラム履歴(◎◯)を保存する仕組みにシェアードオブジェクトを採用しています。プログラムの履歴データはご使用されたパソコンにのみ保存されておりますので、他のパソコンからプログラム履歴を読み出すことはできませんのであらかじめご了承ください。

 

i Pad上で動きますか?

アルゴロジックはFlashで実現しているため、i Padでは動きません。

 

問題を解いたときにつく○と◎の違いは何ですか?

課題を解決したときには選択画面に○がつきます。このとき、使用したコマンドブロックの段数が最小だった場合に◎が表示されます。
※アルゴロジックの入門問題「旗を取れ」は段数を問わず◎になります。

 

全部◎をつけなければならないのでしょうか?

◎と○のどちらでもクリアです。問題によっては◎実現のための難易度がかなり高くなっていますので、より高い難易度に挑戦したい方は◎を目指してください。

 

クリアする段数が短いものが良いアルゴリズムですか?

何が良いアルゴリズムなのかはケースバイケースです。アルゴロジック/アルゴロジック2では、わかりやすくするために、より段数が短いものを良いものというルールを採用しています。

 

アルゴロジックで縦横と斜めの進む長さが違っているのですが

アルゴロジックでは、ロボットの移動距離ではなくマス数で動きをカウントしています。よって、斜め方向に進む場合1マスは、縦横に進む場合の約1.4倍の長さだけ進むことになります。

 

授業使用に関しての質問

授業でアルゴロジック/アルゴロジック2を使用したいのですが?

申請や登録などの手続き無しに、自由にご使用いただけます。これまでの授業で使用した教具についてもダウンロード可能です。
なお、より多くの学校でご参考にしていただけるように、授業での使用事例を紹介しています。差し支えなければ、対象(学年など)や使用形態、使用した際の様子などについて、ご意見・ご感想・お問い合わせのページからご連絡いただければ幸いです。学校名を伏せての掲示も可能です。「こういった使い方をした」という事例をたくさん紹介することで、アルゴロジックをご使用いただく学校が増えることを願っております。

 

授業でどう使えばいいでしょうか?

特に決まった使い方はありません。事例紹介のページが参考になれば幸いです。

 

JEITAの講師による授業を依頼することはできますか?

JEITA事務局にお問い合わせください。

 

事例紹介にあるグループコンペとは何ですか?

授業の一環として実施したゲームです。
以下がルールの例です。各校の事情に合わせて変更してご使用ください。

1チーム2〜4名のグループを作る。

制限時間(各校にて設定)内にチームで協力して問題を解く。

クリアした問題について、集計シートの○または◎のどちらかにマークを付ける。
複数の人が解けた場合でも付けるマークは○か◎のどちらか1つだけとする。

制限時間終了後に、マークをカウントし、各チームごとの得点を求める。

獲得点数のもっとも多いチームを優勝とする。

 「アルゴロジック解答集計シートA」を使用する場合の得点計算方法

○と◎の合計数を得点とする。

合計点が同じの場合、人数の少ないチームを上位とする。

人数が同じの場合、◎の多いチームを上位とする。


 「アルゴロジック解答集計シートB」および「アルゴロジックJr.解答集計シート」 を使用する場合の得点計算方法

◎を2点、○を1点で計算する。

解答集計シートの★問題はボーナスポイント1点を加算する。

合計点が同じの場合、人数の少ないチームを上位とする。

人数が同じの場合、◎の多いチームを上位とする。


 「アルゴロジック2解答集計シート」を使用する場合の得点計算方法

◎を2点、○を1点で計算する。

応用問題についてはボーナスポイント1点を加算する。

合計点の高い人を上位とする。

合計点が同じの場合、◎の多いチームを上位とする。

◎の数も同じ場合は、応用問題を多く解いたチームを上位とする。


 

一人で使うのとグループで使うのではどちらがいいですか?

一人でもグループでも使えます。これまでの授業の事例から見ると、アルゴリズムやプログラミングに慣れている人であれば、一人でどんどん解き進めていくことができますが、あまり得意でない人は、グループで協力しながら解いていく方が有効です。また、グループの人数としては3〜4名程度が最も効果的であるという結果が得られています。

 

スクラッチやSqueak eToys、プログラミンと何が違いますか?

タイルスクリプティング型であることは同じですが、スクラッチ、Squeak eToys、プログラミンがユーザが自分で画像や動作を作成するタイプのソフトウェアであるのに対し、アルゴロジックは与えられた問題を解く課題解決型のソフトです。

 

企業のセミナーなど学校の授業以外の場でアルゴロジックを使用しても良いでしょうか?

企業のセミナーなどにおいてもご使用いただくことが出来ます。なお、ご使用いただく場合には、アルゴロジックが
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)開発のソフトウェアであることを明示してください。

 

解答例が見たいのですが?

アルゴロジックJr.の解答例は【こちら】をご参照ください。
アルゴロジック(チャレンジ問題)については、解答は原則非公開とさせていただいておりますが、必要な方はご意見・ご感想・お問い合わせのページからお問い合わせください。

 

開発背景について

どうしてJEITAでアルゴロジックを開発したのですか?

JEITAはIT・エレクトロニクス産業界を代表する業界団体です。アルゴリズムの学習を通じ、コンピュータやIT・エレクトロニクス、ソフトウェア作りといった我々の業界に関係する仕事に興味を持ち、将来この業界に入ってくる人材を増やしたいとの思いでアルゴロジックを開発しました。

 

なぜアルゴロジックを開発したのですか?

アルゴロジックのモデルになっている「アルゴブロック」が設置されているある科学館で、子供たちがアルゴブロックを使うのに行列を作って順番を待っていました。自分の順番が来ても、時間制限があり、時間を気にしながら遊んでいました。これを見て、子供たちが自宅のPCで、時間を気にせずにじっくり頭を使って課題に取り組める環境を提供したいと考えました。
また、高等学校の情報Bで、プログラミングの学習にはじめからプログラム言語を使用すると、言語自体の習得が大変で最初に行うべきプログラミングの考え方の学習に結びつきにくいというお話をお聞きしました。プログラミングは難しいという印象を初めに与えてしまうと情報系の勉強を嫌う生徒が増えてしまうのではないかと危惧し、プログラミング学習の入門時点で楽しみながら必要な考えを習得できる教材を提供したいと考えました。
今後、中学校技術科で「プログラムによる計測・制御」の単元が必須となることから、プログラミングの入門段階で受け入れられやすい教材がより必要になってくると考えています。
このように子供たちにはじっくりものを考える環境を、中学生・高校生にはプログラミングの入門時点での考え方の習得環境を提供したいという思いから、アルゴロジックを開発しました。

 

アルゴブロックとはなんですか?

一辺10cmほどの立方体型ブロックをつなげ、連動したPC画面上の迷路などの課題をクリアする学習教材装置です。アルゴロジックは、アルゴブロックをモデルとしています。

 

アルゴブロックはどこにありますか?

以下の科学館に設置されています。(2013年9月現在)
千葉県立現代産業科学館
〒272-0015 千葉県市川市鬼高1−1−3
TEL:047-379-2000(代) FAX:047-379-2221
URL:http://www.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/

 

推奨環境および免責事項

推奨環境は?

Windows XP 以上、CPU Intel Pentium III 700MHz以上、メモリ 512MB以上です。
また、Flash Playerバージョン9以上、Internet Explorer 7.0以上のソフトが必要です。
なお、推奨環境とはしておりませんが、FireFox5.0以上、Google Chrome9.0以上、Safari3.0以上、Android2.2以上でも動作することを確認しております。

 

免責事項は?

本サイトに掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保証するものではありません。JEITAは利用者が「アルゴロジック」の利用によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。「アルゴロジック」に掲載されている情報について は、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。

 












ページのトップへ

Copyright(c)2010. Japan Electronics and Information Tecnology industries Association. All right reserved.