JEITA ソフトウェアは未来をつくる

お問い合わせ・ご意見・ご感想

     

ソフトウェアに携わる人

関連サイト

いますぐアルゴロジックを体験したい方はこちら

ソフトウェアに携わる人と仕事

現代の社会では、さまざまなソフトウェアが使われています。そのため、いろいろなソフトウェアをつくるために、さまざまな役割を持った人たちがいます。 ここでは、このようにさまざまな役割を持った人たちの仕事の内容をご紹介します。また、実際に企業でソフトウェアをつくっているエンジニアのインタビューも掲載していますので、ぜひご覧下さい。

ソフトウェアに携わる人

ソフトウェアをつくる仕事の紹介

システムエンジニア(企業システム)
現代社会は、さまざまな情報システムに支えられていますが、社会を支えるような重要な情報システムの多くは、企業が動かしています。 こうした企業の情報システムのソフトウェアをつくるエンジニアは、SE(エスイー:System Engineer)と言われています。 システムエンジニアには、実際にシステムを使う企業と一緒にシステムを作り上げるエンジニアから、企業システムの中で使われる技術を追求するエンジニアまで、いろいろなエンジニアがいます。
ソフトウェアエンジニア(パッケージソフトウェア)
ソフトウェアそのものを製品とする場合、そのソフトウェアのことを「パッケージソフトウェア」ということがあります。 例えば、ワープロや表計算のソフトなどもパッケージソフトウェアです。広い意味では、ゲームなどのソフトウェアも含まれます。 ソフトウェアそのものを製品として売り出すため、たくさん売れるソフトウェアをつくるためのアイディアが大切な仕事です。
ソフトウェアエンジニア(組込みソフトウェア)
現代の高度な機器・装置の中には、ソフトウェアが組み込まれ、その高度な機能を担っています。 携帯電話や自動車、テレビなどの中では、大きなソフトウェアが動いて、機器をコントロールしています。
このような機器や装置に組み込まれるソフトウェアを「組込みソフトウェア」と呼びますが、組込みソフトウェアを専門とするエンジニアもいます。 組込みソフトウェアのエンジニアは、安全かつ高機能な製品をつくるために重要な役割を担っています。

なお、「システムエンジニア」や「ソフトウェアエンジニア」のうち、プログラミングを専門に担当する人のことを、「プログラマー」と呼ぶことがあります。

ソフトウェアアーキテクト
建物を建てるときに設計をするように、ソフトウェアをつくるときにも設計が必要です。 特に、多くの人が力を合わせて一緒にソフトウェアをつくる場合、きちんと設計をしないと、大規模なソフトウェアを動かすことはできません。
ソフトウェアアーキテクトは、このようにソフトウェアの土台をつくる役割を担います。大規模なソフトウェアの設計は難しい仕事なので、経験を積んだエンジニアが、この役割を担います。
プロジェクトマネージャー
ソフトウェアをつくりあげる1つの大きな仕事のことを「プロジェクト」と言うことがあります。このプロジェクトの責任者が「プロジェクトマネージャー」です。 プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのリーダーとして、数多くのエンジニアやその他のプロジェクトメンバーをまとめる役割を担います。
この仕事も、経験やリーダーシップ、責任感などが求められる高度な仕事です。
システムコンサルタント
専門家ではないと分からないことについての相談に応じることを「コンサルティング」、相談に応える人のことを「コンサルタント」と言います。
特に、企業が使うシステムの分野では、「システムコンサルタント(もしくは単に「コンサルタント」)」と呼ばれる人たちが活躍しています。 「システムコンサルタント」の仕事は、システムやソフトウェアを直接つくることではなく、それらを必要としている顧客の相談に応じ、 顧客のやりたいことをシステムで実現するためにはどうしたらよいかを考えて、顧客に分かりやすく示すことです。

他にも、安全で品質の高い製品をつくる上で重要な役割を担う「テストエンジニア」や、企業システムを安全に動かし、 トラブルを解決する「運用・保守エンジニア」など、さまざまな役割を持ったエンジニアがいます。

ページトップへ