JEITA ソフトウェアは未来をつくる

お問い合わせ・ご意見・ご感想

     

ソフトウェアに携わる人

関連サイト

いますぐアルゴロジックを体験したい方はこちら

エンジニアインタビュー IT× 安全・安心

IT× 安全・安心この分野の未来像を紹介

日本電気株式会社 青木 聡(あおき さとし)さん

SI・サービス技術本部 セキュリティ技術センター 主任 (2015年現在)

「世の中の課題を解決したい」という思いから、大学時代は数学科で暗号研究に携わる。 専攻を活かせる仕事を希望し、入社直後から情報セキュリティに関する研究開発業務を担当。 電子投票システムなどの暗号を用いたシステム開発などを手がける。 その後、研究開発部門から情報セキュリティ事業を展開する部門へと移り、現在では、情報セキュリティの専門家として提案活動の支援業務や人材育成の支援を担当。

青木 聡(あおき さとし)さん

「大切な情報を守る」という仕事

「情報セキュリティ」とは何ですか。

私たちの生活の中で、ITや情報システムはなくてはならないものになりました。 インターネット上で利用する様々な仕組みは情報システムによって実現されています。携帯電話の上で動くアプリも小さな情報システムです。 今や、私たちの生活のあらゆる場面で情報システムが利用されるようになっています。
このように情報システムが社会に浸透するにつれて、「情報セキュリティ」の重要性が高まってきました。 「情報セキュリティ」とは、情報システム上で利用する情報やそこに保存されている情報が、勝手に見られたり、盗まれたりしないようにしっかりと守る技術や仕組みのことです。 情報システム上で利用される情報の中 には、他人に勝手に見られては困るような情報もたくさんあります。 それが盗まれてしまって、社会的に大きな問題になることもありますので、情報システムが広く利用されるにつれて、 そこで使われる情報を守る「情報セキュリティ」が注目を集めるようになってきました。

今どのようなお仕事をされているのですか。

私は情報セキュリティの専門家として、お客さまの情報システムの情報を守るためにはどのような対策が必要かという観点から評価・分析を行い、 必要な対策を提案するという仕事をしています。お客さまとの会話を通じて、お客さまにとっての重要な情報やお客さまの要望を十分に理解し、 それを専門技術によって実現する方法を考えることが私の仕事です。情報セキュリティの分野では専門的な技術や知識が必要ですが、 専門家ではないお客さまには、専門用語や技術の中身は分かりません。そのため、お客さまには、専門用語を使わずに分かりやすく説明することを常に心がけています。

IT× 安全・安心

そのほかにも、情報セキュリティの知識を広めるという仕事も担当しています。 どのようなシステムにおいても情報セキュリティが求められる昨今では、システムを利用する方にとっても情報セキュリティに関する知識が必要です。 また、利用する方だけでなく、システムを開発するエンジニアも、情報セキュリティに関して一段と広い知識を身につけておくことが求められています。 情報セキュリティが重要になるにつれて、その知識を普及することも私の重要な仕事になっています。

IT× 安全・安心

また、情報セキュリティの知識を広める活動の一環として、社外の団体の活動に参加し、例えば中小企業向けの情報セキュリティに関する無料相談会を行うといった、 情報セキュリティに関する普及・啓発活動も行っています。 自分の企業のWEBサイトが、外部の侵入者に勝手に改ざんされるような事件も起きていますので、現在、情報セキュリティに対する企業の関心は非常に高まっており、 あちこちで情報セキュリティに関する専門家が求められている状況なのです。

社会を揺るがす大きな問題に取り組むという魅力

情報セキュリティの仕事の魅力はどこにあると感じますか。

IT× 安全・安心

情報セキュリティに関する問題は、最近特に世間で注目されるようになりました。 例えば、インターネットバンキングを使っているユーザーのパソコンが悪意のあるソフトウェアに感染し、銀行口座の情報やID・パスワードが盗まれて、 お金が勝手に引き出されてしまうといった事件も起きています。また、外部に漏れてはならない情報が盗まれてしまい、 企業やその顧客に大きな影響を与えるという事件もしばしば起こっています。

情報システムが広く活用されるようになった最近は、昔と比べて事件の影響や被害も大きくなる傾向があるほか、次々と新しい手口も使われるようになり、 情報セキュリティ対策も日々レベルアップしていかなければならない状況にあります。このように社会全体に影響を与える大きな問題に取り組めることは、 情報セキュリティに関する仕事の大きなやりがいです。もちろん問題が大きいということは、その責任も大きいということであり、大きな責任を果たすために、日々、 専門知識を高めるための勉強が求められます。しかし、そこがまた私にとっては、知的好奇心が刺激される非常にやりがいのあるところなのです。
たゆまぬ自己研鑽を通じて、お客さまの大切なものを守り、安全な情報社会を実現する。 これが、情報セキュリティを担うエンジニアの使命であり、やりがいなのだと思います。

未来社会の「安全・安心」を実現するために

これから求められる情報セキュリティ対策とはどのようなものでしょうか。

今でも、パソコンだけではなく、携帯電話やスマートフォンなど、様々なものがインターネットにつながっています。 IoT(Internet of Things)という言葉がありますが、これからは、車がネットワークでつながったり、エネルギーを管理するシステムが普及したりなど、 現在以上に様々なものがネットワークでつながっていくでしょう。これまでは別々のシステムとして動いていたものが、社会全体として一つの大きなシステムとして融合されていく可能性もあります。

IT× 安全・安心

このように、社会全体が大きなネットワークにつながるということは、いろいろな便利なサービスが実現される基盤にもなる反面、 ネットワークを通じて、情報を盗んだり、改ざんしたりするような事件が起こりやすいという危険も大きくなります。また、生活の基盤が攻撃されると、 その影響はますます大きなものになってしまいます。情報システムの役割が大きくなった未来社会では、それを守る情報セキュリティの役割も非常に大きなものになるはずです。 情報セキュリティを担うエンジニアには、まさに未来社会の安全な暮らしを守るという役割が求められるようになると思います。

未来社会で活躍できる情報セキュリティエンジニアには何が必要ですか。

IT× 安全・安心

情報セキュリティを脅かす攻撃の手口は、日々進化しています。そのため、情報セキュリティ対策にも、日々進化することが求められています。 今日安全だから明日も安全ということは、情報セキュリティの世界には決してないのです。そのような意味で、新しい技術や知識を積極的に吸収し、 毎日進化する情報セキュリティの世界に臆せず立ち向かっていけること、また、むしろその進化を刺激的だと思えるような好奇心を持っていること。 こうした資質が、未来社会の安全を守る情報セキュリティエンジニアに必要なものなのではないでしょうか。

ページトップへ