農業分野におけるITの利活用事例


農業ネットワークの近代化・活性化支援システム「FARM Partner」
■ 取組みの概要
【1】 関東全域の農業小売店等に農薬を卸している卸業者とシステム化を検討。
【2】 卸業者の得意先である小売業者からご意見、ご要望をヒアリング。
【3】 小売業者を中心として対卸業者、対農家との業務を円滑に進めるためのシステムとして開発。
【4】 2010年03月に販売開始。
  販売元(総販売代理店)は(株)ピスク。
  (日立ビジネスソリューションのグループ会社)
■ 取組みのきっかけ
顧客より ”農業小売業界のIT化に適したソフトが見当たらないので、パッケージ化し農業活性化に役立て欲しい” との話有り。
■ 取組みにあたっての課題と対応策
課題:
 【1】農業小売店は扱い品目が農薬・肥料・種苗・農業資材等と多様。
 【2】卸会社に対する発注は電話・FAXが多く、農家からの受注は電話が主流でほとんど勘と信用で業務を行っている。

対応策:
 【1】木目細かい顧客(農家)管理機能の構築
 【2】簡単な操作性の確保
 【3】サポートサービスの強化
 【4】農業小売業界に特化したシステムを目指す。
■ 取組みの成果
【1】FARM Partnerは顧客管理、販売管理、発注管理、入金管理、在庫管理、手形管理をワンパッケージとし農業小売店に導入し活用いただいている。
【2】導入店及び見込みユーザのご意見ご要望を精査し3〜4ヶ月ごとにエンハンス(バージョンアップ)を行うことで安心して業務運用できるとの声をいただいている。
【3】顧客データを活用し必要な時期に必要な品物が届けられる等、人材難の農家に対する木目細かなサービスが可能となり、農業業界の活性化に役立つと期待している。
■ 今後の展開
【1】利便性の向上(自由な帳票サポートや操作性の更なる向上)
【2】営業支援のためのモバイル機能の開発。
 (農業者の要求を現場で反映できるシステム)
【3】(株)ピスクの販売チャネルを利用した全国展開。(現在は関東圏のみ)
■ 連絡先
日立ビジネスソリューション(株) 営業企画部
 横浜市中区桜木町1-1-8 日石横浜ビル
 TEL 045-224-6754
 FAX 045-224-6719
 event@hitachi-business.com

[URL]
http://www.pisc.co.jp/products/farm/index.html

[参考]
ファームパートナー事例集
FARMPartner.pdf



← BACK  HOME

©JEITA,2011