農業分野におけるITの利活用事例


圃場作業管理と出荷トレースシステム
■ 事業内容
圃場作業情報、生産・栽培履歴の管理を簡単・効率化するとともに、生産物の出荷、トレーサビリティーによる生産物の安全・安心管理と消費者への情報公開により、農業生産者の競争力強化につなげる。

<概要>
(1) 圃場での栽培履歴情報を管理サーバに携帯端末(電話)から簡単入力
(2) 出荷(収穫)の日時と場所を第三者証明付で出荷物に記載するとともに流通までのトレーサビリティーを実現
 ※情報の信頼性向上を図るため、第三者証明には位置時間証明情報提供サービス(COCO-DATES)を利用
(3) 情報を、記録として管理する情報と開示する情報に仕分けて公開
(4) 消費者が公開情報から生産情報を確認することで信頼を獲得
(5) 「ユビキタス・コンピューティング」技術の活用 (携帯端末、RFID(ICタグ)、QRコードなどIT技術・機器)
画像
■ 実施体制
図
■ 農林水産業者のニーズ・メリット
(1) 産地、収穫日の証明とトレーサビリティーシステムによる差別化、ブランド化
(2) 生産物の産地、ブランド、安全・安心の消費者アピールによる消費増大
(3) 栽培履歴の簡単管理、栽培効率化を実現
(4) 高齢化生産者の作業を支援
■ 連絡先
三菱電機株式会社
IT宇宙ソリューション事業部 担当:青柳、板橋
〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3 TEL:03-3218-9128


← BACK  HOME

©JEITA,2011