トップページ > 責任ある鉱物調達検討会

責任ある鉱物調達検討会

検討会設立の目的

 2010年7月に米国で金融規制改革法が成立して以来、同法の1502条(紛争鉱物条項)は米国のみならず、わが国の産業界に対して、大きなインパクトを与えています。

 当協会は、かねてよりITエレクトロニクス産業のサプライチェーン全体を通じたCorporate social Responsibility(CSR)の推進を図っておりますが、こうした背景を受け、責任ある鉱物調達を実現するとともに、米国金融規制改革法1502条など、これに関連する規制へ対応すべく責任ある鉱物調達検討会を総合政策部会の傘下に正式に設置しました。

責任ある鉱物調達とは

 CSRの観点から、人権侵害に加担する鉱物を使用しないように努めることです。

検討会の活動方針

  • 責任ある鉱物調達の実現に向け、JEITA会員各社の利益ならびに負荷低減を基本的方針に、合理的かつ効果的な施策の検討ならびに実施を主導します。
  • EICC/GeSIなどの国際的なイニシアチブと協力しながら、国際社会における日本企業の存在感向上に努めます。

検討会の機能

  1. JEITAとして、責任ある鉱物調達(紛争鉱物含む)の方針・活動計画の策定と活動の推進。
  2. JEITA とEICC/GeSIとのMOUに基づき、JEITA会員企業の意見をEICC/GeSI Extractives WGへ提言。
  3. 業界横断のハブとして、責任ある鉱物調達に関わる課題の業界を越えた共有・連携の構築ならびに業界横断での解決策の検討。

ページの先頭へ戻る