トップページ > 傘下委員会 > センシング技術専門委員会の活動

センシング技術専門委員会の活動

設置目的

電子工業が情報社会のリーディングインダストリとして発展を続けていくためには、その基盤となるセンシング技術の進歩が不可欠です。したがって、社会の急激に変化するニーズを先取りしてセンシングシステムの開発や利用を加速していくことが必要となってきます。

センシング技術専門委員会では、これらの開発、利用促進に必要な市場の調査研究、先端情報の収集及び統計資料の作成を行い、さらには研究開発を促進するため、国への施策やプロジェクト創設の提言を行うことを目的としております。

また、調査活動の事業成果を報告書に取りまとめ、関連委員会に配布、報告するとともに、委員会活動の成果を関係者に有効に活用いただけるよう公開の報告会を開催しております。

調査報告書

調査研究プロジェクト(分科会)で実施した調査結果は、詳細な内容の報告書として CD-ROMに取りまとめ、委員会へ参加している関係者のみに配布しています。なお CD-ROMの内容については一部を紹介するものとして概要版(冊子)を作成し有料にて 頒布しています。 冊子の申し込み等詳細にてついてはJEITAサービスセンターまでお 問い合わせください。

各分科会に新たに参加される場合は、詳細版CD-ROMを無償にて提供させて頂きます。

>>JEITA  先端基盤技術動向調査概要

ページの先頭へ戻る