トップページ >

【JEITA講座】大学教授と企業講師が一堂に会する意見交換会を開催!

 2019年3月4日、JEITA講座実施大学の担当教授と各企業から派遣されている企業講師が一堂に会する意見交換会を開催しました。
 本意見交換会は、JEITA講座の更なる改善に向けて、各大学でのJEITA講座実施状況、JEITA講座に対する要望、また企業講師が抱える課題等について意見交換を行う目的で毎年開催しています。
 今年は、4大学(東北大学、立命館大学、中央大学、東京電機大学)から4名の教授、ならびに企業から13名の企業講師の方々にお集まりいただき、JEITA講座運営WGのメンバーも加わって、活発な意見交換を行いました。
 各大学の教授からは、「JEITA講座は学科の半数以上が受講する大変人気のある講義で、バラエティに富んだ講義構成が魅力」、「グループワークを講義に取り入れるなど、多くの学生からも好評を得ている」、「学生は実際の企業活動や技術者個々人のキャリア変遷についても興味を持っており、興味深く聞いている」など、前向きなご意見を多数頂きました。
 また、今年は特別講演として、IPA社会基盤センターから有識者を招聘して、「IT人材白書2018より〜最新IT人材の現状と課題」というタイトルでご講演を頂き、講演後、IT人材を取り巻く状況について活発な意見交換を行いました。
 JEITA講座運営WGでは、今後もJEITA講座がより意義のある産学連携の人材育成活動となるよう、実施大学ならびに参加企業のご協力を得ながら、積極的に取り組んでまいります。


意見交換会の様子

**----------------------------------**
一般社団法人 電子情報技術産業協会
 情報産業部
 JEITA講座運営WG 担当
 電話:03-5218-1057
 メール:itt3@jeita.or.jp
**----------------------------------**

ページの先頭へ戻る