トップページ > 医療機器ソフトウェアの最新技術動向セミナー(2021/3/1〜3/31)

医療機器ソフトウェアの最新技術動向セミナー(2021/3/1〜3/31)


医療機器ソフトウェアの最新技術動向セミナー
“サイバーセキュリティを中心に ”


【Web配信】
配信開始:2021年3月1日(月) 10:00
配信終了:2021年3月31日(水) 12:00

 医療機器ソフトウェアを取り巻く環境は、急速に変化し、医療機器がネットワークを介して接続される状況下でサイバーセキュリティの対応が急務な事項となって来ています。
 当セミナーでは、この数年サイバーセキュリティにフォーカスをあてたセミナーを企画しています。今回は、まず医療機器ソフトウェアに関連のある規格の最新動向を解説します。これは毎回のセミナーで行っているもので、毎年の変化、動向をいち早く掴めるようにしています。今回も特にサイバーセキュリティに関連する内容を中心に説明を行います。さらに2020年4月にIMDRF(International Medical Device Regulators Forum)医療機器サイバーセキュリティの原則及び実践(N60:Principles and Practices for Medical Device Cybersecurity)の最終文書が承認され、公開されました。医療機器におけるサイバーセキュリティの確保について、IMDRFガイダンスの国内への導入を中心に説明します。また医療機器におけるサイバーセキュリティのガイダンス及び国際規格として、現在開発中の製品ライフサイクルにおける活動となる IEC TR 60601-4-5、IEC 81001-5-1等説明します。さらに医療機器に必須となるリスクマネジメントについては、2019年に改定されたISO 14971等から特にサイバーセキュリティを中心に、その理解、考え方、そして実践に向けての対応について説明を行います。製造販売業者におけるIMDRFガイダンスの対応として、脆弱性監視やSBOM(Software Bill of Materials)等について、企業内での導入を意識しての説明を行います。さらにサイバーセキュリティ脅威分析の理解と考え方、事例について説明を行います。
 今回は、サイバーセキュリティに関する国際規制とこれを踏まえた我が国の医療機器規制の動向について、今まさに必要な最新の情報をお届けする内容になっていますので、医療機器に係わる企業の経営者、設計開発、海外法規・薬事、品質保証、安全管理、標準化、規格適合試験等の業務に従事される方はもちろんのこと、医療情報ベンダー、医療機器分野に新規参入する方々にも有益なセミナーになると考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

(注)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、Web配信(事前収録済の動画像)による開催といたしました。ご参加申込いただいた皆様は、配信期間中はいつでも、何度でも視聴可能となります。


■ プログラム ■
司会・進行 医療用ソフトウェア専門委員会 委員長 松元 恒一郎(日本光電工業株式会社)
【1】
(45分)
医療機器ソフトウェアを取り巻く規制と標準化の最新動向
−サイバーセキュリティを中心として−

医療用ソフトウェア専門委員会 委員
露木 智康(一般財団法人 日本品質保証機構)
【2】
(45分)
医療機器におけるサイバーセキュリティの確保について
−IMDRFサイバーセキュリティガイダンスの導入−

医療用ソフトウェア専門委員会 幹事
中里 俊章(キヤノンメディカルシステムズ株式会社)
【3】
(45分)
医療機器におけるサイバーセキュリティのガイダンス及び国際規格
−IMDRFガイダンス、IEC TR 60601-4-5、IEC 81001-5-1等−

医療用ソフトウェア専門委員会 委員
関水 英正(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)
【4】
(45分)
医療機器ソフトウェアにおけるリスクマネジメント
−ISO14971・ISO/TR 24971 Annex F セキュリティ要件の追加−

医療用ソフトウェア専門委員会 委員
飯島 直人(株式会社島津製作所)
【5】
(45分)
製造販売業者におけるIMDRFサイバーセキュリティガイダンスの対応
−脆弱性監視、SBOM、PSIRT等−

医療用ソフトウェア専門委員会 幹事
西野 敏幸(オリンパスメディカルシステムズ株式会社)
【6】
(45分)
医療機器ソフトウェアにおけるサイバーセキュリティ脅威分析
−その理解と考え方−

医療用ソフトウェア専門委員会 幹事
酒井 由夫(日本光電工業株式会社)
※ 都合により、プログラム・講師が変更になる場合もございます。
主催:一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)/ヘルスケアインダストリ部会
運営・企画:医療用ソフトウェア専門委員会


【 日時 】
 配信開始:2021年3月1日(月) 10:00〜 配信終了:2021年3月31日(水) 12:00

【 方法 】
 Web配信
 ※視聴方法につきましては、参加費のお支払い確認後、事務局より申し込みご本人様の登録メールアドレスに、
  動画配信のURL等の詳細を記載したメールをお送りします。


【 参加費 】
 JEITA会員:7,700円/非会員:11,000円 (テキスト代・消費税含む)
 ※会員・非会員はJEITA ホームページよりご確認ください

【 定員 】
 300名 ※先着順とし定員に達し次第、締切りとさせていただきます。

【 申込・参加費振込期限 】
 2021年2月16日(火)15:00

■ 申込要領 ■※今年は例年とは違う申込・支払手順となっておりますのでご注意ください
(1)下記の「参加申込フォーム」に必要事項をご記入の上、送信してください。
(受付システムについては(株)ビズクリエイトのサービスを使用しているため、JEITA外部のサーバに移動します。)
参加申込み(受付は終了いたしました)
(2)お申込み内容の確認後、折り返し「参加申込完了メール」が送信されます。
(3)参加申込完了メールには、受付番号・振込先口座名・振込金額等が記載されていますので、期日までに参加費の振込をお願いします。
☆振込注意事項
・受講申込の際、会員/一般の選択にご注意ください。会員/一般で金額が異なるため、参加費に過不足が発生した場合、追加発生分の振込手数料は申込者様にご負担いただきます。

・申し込みご本人の受付番号を振込名義の前に必ず入力してからお振込み下さい。入力出来ない場合は、参加申込完了メールに以下の4項目を記入して必ず返信してからお振込み下さい。
   ①ご本人の受付番号、②振込名義、③振込日、④振込金額
複数名様分をまとめて振込む場合も、参加申込完了メールに①全員分の受付番号、②振込名義、③振込日、④振込合計金額を記入して、必ず返信してからお振込みください。
・電信振込にてお振込み下さい。振込手数料は申込者様でご負担下さい。
・申し込みご本人の受付番号の入力がないお振込みと、参加費と振込金額が異なるお振込みの場合には、入金確認ができず全てキャンセルとなる場合があります。
(4)銀行が発行する「振込金受領書」(又は振込利用明細書)をもって領収書とし、請求書・領収書は発行いたしませんのでご了承下さい。
(5)ご登録後のキャンセル、参加費の払い戻しはお受けできませんので予めご了承ください。
(6)開始前までに、テキストをお送り致します。
(申込みから発送までには多少お時間を頂きますことをご了承下さい。)

■ Web配信による開催 視聴方法のご案内 ■
(1)テキストは、視聴開始日前に登録いただいたテキスト送付先住所にお届けいたします。
(2)視聴方法につきましては、参加費のお支払い確認後、事務局より申し込みご本人様の登録メールアドレスに、動画配信のURL等の詳細を記載したメールをお送りします。
(3)視聴開始日時以降、視聴可能期間内はご都合の良い時間帯に何度でも視聴できます。
(4)視聴回数の制限はありません。
(5)ダウンロードはできません。

【 お問合せ先 】
 一般社団法人 電子情報技術産業協会 IoT事業推進部
(ヘルスケアインダストリ部会事務局)
 山田・石川
 TEL : 03-6268-0003
 E-Mail : healthcare@jeita.or.jp
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル

©JEITA, 2020-2021

Adobe Reader