トップページ > 環境への取組み > 液晶ディスプレイのLCAの取組み

液晶ディスプレイのLCAの取組み

環境取組みの一環として、液晶ディスプレイデバイスの環境負荷を総合的に評価するLCAの取組みのため、パネルデバイスの製造時に発生する環境負荷について、業界としての標準的な評価方法の確立と算出に取り組んでいます。

活動内容Activities

液晶ディスプレイ製造時の環境負荷の内の地球温暖化の原因となるCO2排出量の見える化のため、考え方・算出方法を検討し、関連業界と連携し、ディスプレイデバイス業界の標準値(単位面積当たりのCO2排出換算値)を求めました。算出方法の検討に当たっては、(社)産業環境管理協会(JEMAI)と連携を取り、提供のシステム利用を行なっています。

液晶ディスプレイのLCAの公開ページはこちら>>

◆LCAとは
ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment)。素材や製品が製造、使用、廃棄、リサイクルといったライフサイクルをおくる過程で、どれほどの資源を消費し、環境に影響を与えたかを総合的に分析・解析し評価する手法です。

ページの先頭へ戻る