概要

ごあいさつ

社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)サーバ事業委員会は、サーバやワークステーション、ネットワークストレージを対象に、技術・市場動向などの各種調査、研究、普及活動を推進しています。

近年、温暖化防止対策が地球規模の重要課題となっており、発熱量の抑制や、電力使用量削減の取り組みが必要となっています。サーバ事業委員会では、2008年度より、サーバグリーンIT専門委員会を新設して、この課題への取り組みを開始しています。

グリーンITとは、省電力や省資源など、より地球環境にやさしいITを目指す動きです。グリーンITには2つの取り組みがあります。1つは、IT機器の消費電力量を抑える技術開発により、2025年時点で国内IT機器の消費電力量を約40%(約1,000億kWh)削減することを目指す取り組みです。もう1つは、IT機器の利用による業務効率化を進めることにより、さらに4,900億kWhのエネルギー削減効果を生み出す取り組みです。

本冊子では、温暖化防止対策に向けた行政施策の動向、サーバ機器の省エネルギー技術、そして、IT機器導入ユーザの省エネルギー化施策事例を紹介しています。

2008年より京都議定書(気候変動枠組条約第3回締約国会議[COP3]において採択された議定書)の第1約束期間が始まっており、各企業・団体でも、取り組みが開始されているものと思います。本冊子は、その取り組みの一助になることを期待いたします。

2009年3月
社団法人 電子情報技術産業協会
サーバ事業委員会
サーバグリーンIT専門委員会

この内容は2009年3月現在のものです。