JEITA HOME

ソリューションサービス事業委員会活動報告会
(2010/07/13)


社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)
ソリューションサービス事業委員会





【 主催 】
  社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA) / ソリューションサービス事業委員会

【 日時 】
  平成22年7月13日(火) 13時30分から16時40分まで

【 場所 】
  (社)電子情報技術産業協会 4階409−411会議室
   東京都千代田区大手町1−1−3 大手センタービル [地図(公式HP)]
   電話:03−5218−1057


【参加のおすすめ】

 ソリューションサービス事業委員会では、ソリューションビジネスをわが国の競争力ある産業の牽引役として育成するため、ビジネス環境の整備・ソリューションサービスの品質向上等について調査研究活動を行っています。2009年度は、SLA/SLM専門委員会、環境ソリューション専門委員会、ITサービス調達政策専門委員会、ソフト開発モデル契約WGを設置し、調査・提言活動等を実施しました。

 SLA/SLM専門委員会では、ITサービスの利用者と提供者が共通認識を持ちながら品質・コスト・リスクのバランスを取って行くことの重要性がますます高まって行くとの認識のもと、SLA/SLMを中心とした調査活動を行っています。2009年度は、SLA/SLMにおけるサービスレベル項目の候補となり得る、経営者及び利用者の視点からのサービスレベル評価指標を検討しました。また、民間企業を対象としたSLA利用実態調査を行いました。
 環境ソリューション専門委員会では、情報システム部門および情報システム設備管理者を対象に、グリーンITの利活用を図るための項目について検討し、ITサービス提供部門として配慮すべき環境項目とポイント、環境法規則等に対するITソリューションの実態、環境配慮と収益の両立に資する事例等の観点から分析を行いました。

 ITサービス調達政策専門委員会では、2007年3月に「情報システム政府調達に関する提言」第1版を、更に2008年4月には提言第2版を公表しています。2009年度は、提言第2版の実現を目指して、関係省庁関係者と意見交換を行いました。

 ソフト開発モデル契約WGでは「JEITAソフトウェア開発モデル契約」の普及啓発セミナーを開催するとともに、経産省と協働で実施する「情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム」へ参加し、「情報システム・ソフトウェア取引トラブル事例集」の作成に協力する等の活動を行いました。

 また、ソリューションサービス事業委員会では、本年度事業として、ITを利用する時代への変化、クラウドコンピューティングサービスの普及・動向を踏まえ、このサービスを利用いただくお客様の視点に立って、ビジネスがどう変化していくかを調査しております。

 今回の報告会ではこれらの活動をご紹介いたします。
 多くの関係者の方々にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。



【 プログラム 】
時間 内容および説明者
13:30 〜 13:40
はじめに
『2009年度日本のソフトウェアおよびソリューションサービス市場規模』

 ソリューションサービス事業委員会委員長
 富士通株式会社  植松 一裕 氏
13:40 〜 14:10
『経営者・利用者視点のSLA/SLM』

 SLA/SLM専門委員会 委員長
 日本ユニシス株式会社  銅玄 智昭 氏
14:10 〜 14:40
『情報システムの環境配慮について』

 環境ソリューション専門委員会 委員長
 株式会社富士通総研  佐藤  研 氏
14:40 〜 14:55 --- 休憩 ---
14:55 〜 15:25
『情報システム政府調達に関する提言』

 ITサービス調達政策専門委員会 委員長(2009年度)
 富士通株式会社  宇留野 哲郎 氏
15:25 〜 15:55
『JEITAソフトウェア開発モデル契約の普及啓発に向けた取組み』

 ソフト開発モデル契約WG主査
 株式会社日立製作所  岩切 美和 氏
15:55 〜 16:25
『クラウドコンピューティングの普及動向と当委員会本年度の取組み』

 ソリューションサービス事業委員会 副委員長
 日本ユニシス株式会社  小林 千早都 氏
16:25 〜 16:40 質疑応答
司会:ソリューションサービス事業委員会 副委員長 日本電気株式会社 川井 俊弥 氏


■ 参加要領 ■

[ 定員 ] 100名 (定員になり次第、締め切ります。)

[ 参加費 ] 無料 ※ 参加費は無料となっていますが、参加申込書により事前登録をお願いいたします

[ テキスト ]
1) テーマ『経営者・利用者視点のSLA/SLM』および『情報システムの環境配慮について』は、年度報告書がテキストとなります。テキストは有料となり、下記のURLから申し込み、事前に入手することができます。
http://www.jeita.or.jp/cgi-bin/public/list.cgi?cateid=6
  報告書名は以下の通り
ソリューションサービスに関する調査報告書I -「経営者・利用者視点のSLA」-
ソリューションサービスに関する調査報告書U-「情報システムの環境配慮」-
会員5,250円・一般10,500円(2冊セット・送料別)
  ※なお、「情報システムの環境配慮」のみ下記のURLから無償ダウンロードすることができます。
http://www.jeita.or.jp/cgi-bin/public/detail.cgi?id=386&cateid=6

2) テーマ『情報システム政府調達に関する提言』は紹介ページから無償で全文ダウンロードすることができます。URLは以下の通り。
http://www.jeita.or.jp/cgi-bin/public/detail.cgi?id=344&cateid=6
http://home.jeita.or.jp/is/committee/solution/091221/index.html

3) テーマ『JEITAソフトウェア開発モデル契約』は以下の紹介ページを参照下さい。
http://home.jeita.or.jp/is/committee/solution/guideline/090217cd-rom/index.html

同 解説書(商事法務発行・価格:3,800円)は以下のURLを参照して下さい。
http://www.shojihomu.co.jp/newbooks/1587.html


[ セミナー申し込み方法 ]
申込書に必要事項をご記入の上、下記「Eメール申し込み先」宛にお申し込み下さい。
お申し込み後、「受付確認メール」を1週間以内に事務局よりお送りいたします。
当日は、「受付確認メール」をプリントアウトの上、受付にご提示下さい。
 ◆セミナーのお申し込み:itt3@jeita.or.jp

参加申込書
参加申込書[wordファイル]


[ 問合せ先(事務局) ]
社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA) インダストリ・システム部
〒101-0014 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル
電話:03-5218-1057  FAX:03-5218-1076
Eメール: itt3@jeita.or.jp

← 情報・産業社会システム部会トップ

©JEITA,2010