JEITA HOME

デジタル放送技術セミナー 開催のご案内

(2010/09/10)

「放送・通信環境の大変革期に於ける最新技術動向」
“ただ今 カウント・ダウン中!”




主催:社団法人 電子情報技術産業協会
社会システム事業委員会
放送システム専門委員会


 地上波放送がアナログ放送からデジタル放送へと完全移行する2011年7月24日を間近に控えて、総務省、放送事業者及び関係機関等は、インフラ整備の完遂へ向け鋭意努力を続けているところであります。また海外に於いては、日本のデジタル放送をベースにした方式を採用する動きが活発化するなど、嘗て無いほど日本の貢献度が高まっています。
 このような中で当協会は、放送通信環境の大変革をもたらそうとしている最新技術動向をテーマとして取り上げ、当該分野の第一人者の方々を講師にお招きし、解説をして頂くことに致しました。
 今回は、これら最新の技術の動向に関しまして当該分野の第一人者の方々を講師にお招きし、解説をして頂くことに致しました。
 JEITA会員各社、放送事業者、関係機関等の今後のデジタル放送インフラ構築に関係される皆様方のご参加をお待ちいたしております。



【 日時 】
平成 22年9月10日(金) 10:55〜16:00 (受付開始 10:30〜)

【 場所 】
(財)全電通労働会館 ホール(地図はこちら
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3−6

【 参加費 】
1名様 2,100円(消費税含む)

☆ 下記、申込要領をご参照の上、入金をお願いいたします。
三井住友銀行 丸ノ内支店 普通 6678728
(社)電子情報技術産業協会 講演会口4 (コウエンカイグチ4)

☆ 振込手数料は受講申込者各位にてご負担願います。
☆ 当日、現金の取り扱いは行いませんので、ご注意下さい。

【 定員 】
200名(予定)

【 申込締切日 】
平成22年9月9日(木)
 ※ 先着順とし、定員に達し次第、締切りとさせていただきます。

【 お問合せ先 】
社団法人 電子情報技術産業協会
インダストリ・システム部 (坂本・木暮・菊嶋)
[TEL]03−5218−1057 [FAX]03−5218−1076

■ 申込要領 ■

受講は有料です。
お申込みは下記の通りお願い致します。
(1) 専用のセミナー受講申込書に必要事項をご記載の上、振込書(写し)を添えてFAXで送付して下さい。
(請求書をご希望の場合には、備考欄に「請求書希望」とご記載下さい。郵送にてご受講申込者宛にお送り申し上げます。)
(2) 参加者1名につき申込書1通でお申込みください。
(3) お申込みの締め切りは9月9日(木)です。
(4) 不参加の場合でも参加費の払い戻しは致しません。あらかじめご了承ください。
申込者が参加できない場合は、代理の方の参加ご手配をお願い致します。
(5) 受講番号が記載された受講申込書をFAXにて返信させていただきます。振込が完了していない場合にはお断りする場合があります。
(6) 当日、受講番号が記載された「受講申込書」を受付にご提出ください。


[ セミナー受講申込書のダウンロード ]




■ プログラム ■

開催挨拶
(10:55-11:00)
 放送システム専門委員会 主査 平田 哲郎 氏
1.ISDB-T普及状況
(11:00-12:00)
「ISDB-Tの国際普及」
 社団法人 電波産業会 デジタル放送普及活動作業班 議長
 渡邊 敏英 氏
  休憩 (12:00-13:00)
2.「高速無線LAN伝送」
(13:00-14:00)
 「高速無線LANによるHD伝送」
 株式会社 理経 ブロードバンドネットワーク部
 ブロードバンドセールスグループ 小西 博 氏
  休憩 (14:00-14:15)
3.アナログTVの空き周波数帯利用への取組み
(14:15-15:55)
(1) 「VHF帯公共ブロードバンド移動通信システムの
 実用化に向けた取組み状況」

 (14:15-15:15)
 株式会社 日立国際電気 通信事業部 主管技師長 加藤 数衞 氏

休憩 (15:15-15:25)

(2) 「ホワイトスペースの利活用とテレビ受信システム」
 (15:25-15:55)
 八木アンテナ株式会社 営業統括本部 営業推進部
 専門部長 小林 明 氏
閉会挨拶
(15:55-16:00)
 放送システム専門委員会 副主査 手島 弘毅 氏
※ 講師・講演内容等は予告無く変更されることがございます。


← 情報・産業社会システム部会トップ

©JEITA,2010