トップページ > 技術戦略部会について

技術戦略部会について

設置目的

電子情報技術産業における技術政策について検討するとともに、総合科学技術・イノベーション会議、日本経済団体連合会・専門部会等の外部機関の動静を把握しつつ、戦略的かつ重点的に開発・実用化すべき 基盤技術や産官学連携強化等の共通課題を取り上げ、政府・関係機関等へ提言するとともに、プロジェクト化を推進する。

主要事業内容

  1. 電子情報技術産業への波及効果の大きいエレクトロニクス・情報通信・ネットワーク関連機器の基盤技術について重点的に取り上げ、技術 開発の施策を検討するとともに、政府・関係機関等へ提言する。
  2. 政府・関連機関、関連団体、会員企業などからの要望に応じて、必要な事項を検討する。

委員構成

14社3機関

下部組織

  1. 技術政策委員会
  2. 電子材料・デバイス技術専門委員会
    - 次世代スケーラブル実装技術分科会
    - 非ノイマン型情報処理へ向けたデバイス技術分科会
    - ヒューマンケアデバイス・システム技術分科会
    - IoT時代のエネルギーマネージメント技術(デバイス・システム)分科会
    - ハードウェアセキュリティ技術分科会
  3. センシング技術専門委員会
    - CPS/IoTにおけるセンシングソリューション技術分科会
    - 知的センシング・インテリジェントデバイス技術分科会
    - 感性センシング技術分科会(感性のセンシングと共有技術調査)

成果物・刊行物等

  • 各種調査研究報告書CDROM

ページの先頭へ戻る