JEITA

 

 

 

 

 

 

 

 


JEITA組込み系ソフトウェア・ワークショップ2021

事例に学ぶDXとシステムズエンジニアリング
〜これからの組込みシステム開発の在り方〜


一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)
ソフトウェア事業委員会
ソフトウェア事業基盤専門委員会


 

 

 

 

 

 

 

 



>> 参加無料 <<
(「参加フォーム」より、事前に登録をお願いします)


【 日時 】
 2021年12月6日(月) 13時30分〜17時00分(開場 13時00分)

【 システム 】 Cisco Webex Events 
        Meeting ID,Passwordは申込完了後にご案内いたします

【 主催 】
 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA) 
   ソフトウェア事業委員会、ソフトウェア事業基盤専門委員会

【 後援 】
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)(予定)
 一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)(予定)
 組込みシステム産業振興機構(ESIP)(予定)

【 参加要領 】
 [ 定員 ] 100名 (先着順)
 [ 参加費 ] 無料
 [ 申込み方法 ] 参加フォームにて12月2日(木)までにお申し込み下さい。


参加フォーム



※今回ご記入いただいた住所などの個人情報は、JEITAの個人情報保護方針 (https://www.jeita.or.jp/japanese/privacy/)に従って、厳重に管理し、同保護
方針に記載しています利用目的の範囲内に限定して使用させていただきます。


「受講ご案内メール」を事務局よりお送りいたします。


【 問合せ先(事務局) 】
一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)事業戦略本部 事業推進部(内田)
Eメール: itt3¥jeita.or.jp
(メールアドレスをコピー&ペーストする際は、\を@に変更してください)



【プログラム】
時間テーマおよび講師
13:30 〜 13:45
開会の挨拶:
ソフトウェア事業基盤専門委員会の活動について
ワークショップ2021の狙いと課題認識

 JEITA ソフトウェア事業基盤専門委員会 委員長
 株式会社東芝 金子 博

13:45 〜 14:45 基調講演 :
なぜDXにはシステムズエンジニアリングが有効なのか
 DXを進めるためにはシステムズエンジニアリングの考え方が大変有効である。本講演では、DXにおいて、なぜシステムズエンジニアリングが有効であるのか、そしてどのように有効であるのかを解説する。

 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
   白坂 成功 氏


14:45 〜 14:50--- 休憩 ---
14:50 〜 15:25 事例講演1:
日立製作所におけるDXへの取組み
 日立製作所では、社会イノベーション事業により新たな価値創出、社会貢献に取り組んでいる。
 本講演では、日立が自らを実験場としてどのようにDXに変革に取り組み、何をめざしているかを紹介する。

 株式会社日立製作所 ITデジタル統括本部 DX戦略本部 DX戦略推進部 部長
   冨田 幸宏 氏

15:25 〜 16:00 事例講演2:
NECのDXに関する取組み
 DXによりNECが目指すのは、個人、組織、社会の変革です。
 なぜDXが必要とされるのか、どのように企業のデジタルシフトを実現するのか、NECのDX推進の取組みをご紹介します。


 日本電気株式会社 デジタルトラスト推進本部DX Office 室長
   畔田 秀信 氏

16:00 〜 16:05--- 休憩 ---
16:05 〜 16:55パネル討論
「組込みシステム開発におけるDX実現のカギを探る」(仮)

司会進行:
 JEITA ソフトウェア事業基盤専門委員会  田村 直樹 副委員長


アドバイザ:
 慶應義塾大学大学院   白坂 成功 教授
 株式会社日立製作所   冨田 幸宏 氏
 日本電気株式会社    畔田 秀信 氏
 (独)情報処理推進機構  五味 弘 氏
 JEITA ソフトウェア事業基盤専門委員会 金子 博 委員長

 弊委員会のテーマである組込みシステム開発において、DXをどうやって実現するのか?実現における勘所は何か?実現するために必要な技術とは何か?といったことを講演者や日本のDXを推進する立場にあるIPA、JEITAの代表者がそれぞれの立場での知見をもとに激論!?をお届けします。

16:55 〜 17:00
閉会の挨拶:
 JEITA ソフトウェア事業基盤専門委員会 副委員長 
 三菱電機株式会社 田村 直樹 氏

講演タイトルと講演者は予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください

【参考】
 過去に行われたワークショップについては下記にてご確認できます。
・2020年「事例に学ぶDXとシステムズエンジニアリング〜これからの組込みシステム開発の在り方〜」
・2019年「DX時代を生き抜くIoTソフトウェア開発を知る」
・2018年「IoT時代のソフトウェア開発を知る」
・2017年「IoT時代のソフトウェア開発 〜IoT開発と上流モデリング〜」
・2016年「IoT時代の実践的モデリング〜IoTを成功に導くモデリングの成功のコツ〜」
・2015年「組込み系開発の実践的モデリング〜モデリングを成功させるには〜」
・2014年「組込み系開発の実践的モデリング〜モデリングはなぜ失敗するのか?〜」
・2013年「組込み系開発のアーキテクト〜アーキテクトをどのように育てるのか〜」
・2012年「日本の組込み系開発におけるアーキテクト〜アーキテクトは何を解決するか」
・2011年「日本の組込み系開発におけるアーキテクト〜開発現場に求められるアーキテクトとは〜」
・2010年「日本型組込み開発における強みと弱み〜新しい日本型組込み開発とは〜」
・2009年「組込み系ソフトウェア開発をスピードアップ!〜開発のキモは何か〜」
・2008年「組込み系ソフトウェア開発をスピードアップ!〜4つの波にさらされる開発の改革に向けて〜」
・2007年「IESE/JEITA 共同ワークショップ 〜4つの波にどのように立ち向かうべきか」
以上