トップページ > JEITAベンチャー表彰
〜第5回「JEITAベンチャー賞」〜

JEITAベンチャー表彰
〜第5回「JEITAベンチャー賞」〜

Topicsトピックス

 電子情報技術産業協会(JEITA)では、IoT(Internet of Things)やビッグデータ、人工知能(AI)等の技術の進展により、産業構造や社会構造が大きく変わりつつあるなか、高度な情報活用による新たな付加価値の創出を目指すConnected Industriesを通じたSociety 5.0の実現に向け、ベンチャー、海外を含むあらゆる企業・産業と連携し、IT・エレクトロニクス業界の更なる発展を目指し、新たなビジネスの創出に取り組んでいます。「JEITAベンチャー賞」はその取組みの一環として、IT・エレクトロニクス業界の発展に繋がるベンチャー企業を支援するとともに、JEITA会員とスタートアップ(優良ベンチャー)企業との共創・連携・エコシステムの支援を目的として実施いたします。
2019年度 第5回「JEITAベンチャー賞」は、電子情報技術産業発展への貢献が期待されるベンチャー企業のうち、成長性・先導性、波及性、社会性の3つの視点から電子情報技術産業の総合的な発展、経済発展に貢献しうるベンチャー企業を審査・選考し、表彰するものです。

【対 象】
創業後15年以内で、電子情報技術産業に貢献するベンチャー企業を対象とします。国内に留まらず、日本の企業が出資している海外のベンチャー企業、あるいは日本国籍の経営者によるベンチャー企業、または日本市場進出を検討する海外のベンチャー企業等についても、推薦(応募)があり、そのベンチャー企業が当該賞に相応しいとの評価があった場合は、検討・審査を行います。
【授賞対象分野】
 電子情報技術に関する下記分野において展開するベンチャー企業を表彰します。
  (1)製造分野、(2)社会インフラ(モビリティを除く)分野、(3)医療・健康分野
  (4)スマートハウス分野、(5)モビリティ分野、(6)エネルギー分野、(7)農業分野
  (8)物流・流通分野、(9)産業保安分野、(10)教育サービス分野、(11)金融分野
  (12)セキュリティー分野、(13)AI・情報技術分野
  (14)その他の分野(※ソフトウェア開発等含む) 
【募集期間】
 2019年12月9日(月)〜2020年2月3日(月) 正午 (必着)
【主 催】
 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)
【表彰式】
 日程:2020年3月24日(火) ※10時〜11時30分(※予定)
 場所:一般社団法人 電子情報技術産業協会
 表彰内容:表彰状および記念品を贈呈

<参考:表彰実績>
・2018年度第4回「JEITAベンチャー賞」では、授賞対象14分野から多数の応募があり、
 最終選考に残った3件の取組に対して表彰を行いました。
・2017年度第3回「JEITAベンチャー賞」では、授賞対象14分野から多数の応募があり、
 最終選考に残った6件の取組みに対して表彰を行いました。
・2016年度第2回「JEITAベンチャー賞」では、授賞対象14分野から多数の応募があり、
 最終選考に残った7件の取組みに対して表彰を行いました。
・2015年度第1回「JEITAベンチャー賞」では、授賞対象12分野から多数の応募があり、
 最終選考に残った8件の取組みに対して表彰を行いました。
 ※「JEITAベンチャー賞」の詳細については、JEITAのホームページ(下記URL)を
   ご覧ください。https://www.jeita.or.jp/cps/activity/venture/


            =====◆募集要領◆=====
【募集対象】
(1)創業後15年以内で、電子情報技術産業に貢献するベンチャー企業(※)を対象とします。国内に留まらず、日本の企業が出資している海外のベンチャー企業、あるいは日本国籍の経営者によるベンチャー企業、または日本市場進出を検討する海外のベンチャー企業等についても、推薦(応募)があり、そのベンチャー企業が当該賞に相応しいとの評価があった場合は、検討・審査を行います。
  ※下記のいずれかに該当する個人事業主、法人。
      製造業その他 資本金3 億円以下、又は常時使用する従業員が300 人以下
      卸売業      資本金1 億円以下、又は常時使用する従業員が100 人以下
      サービス業  資本金5 千万円以下、又は常時使用する従業員が100 人以下
      小売業    資本金5 千万円以下、又は常時使用する従業員が50 人以下

(2)推薦は一般公募とします。推薦者の資格は限定しませんが、自薦は認めないものとします。

【応募方法】
(1)推薦者から推薦書を提出いただきます。推薦書(応募申請書)に必要事項を記入のうえ、2020年2月3日(月)正午(必着)までに、電子メールで JEITAベンチャー賞 事務局宛にお送りください。
 なお、提出された推薦書(応募申請書)および関連の応募書類等は返却いたしませんので、ご了承願います。推薦書(応募申請書)は、下記の添付資料<推薦書(応募申請書)>からダウンロードできます。

(2)推薦書(応募申請書)の提出とともに、被推薦企業の会社概要や製品カタログ等の情報が記載されているWebページ(URL)等をご連絡ください。

※応募に際して申請費用等は無料ですが、推薦書(応募申請書)の作成費用、送料等はご負担ください。

(3)書類等の送付方法
◎推薦書(応募申請書)は電子メールにて、下記アドレスへお送りください。
  E-mail:ts2019@jeita.or.jp
◎電子メールで送付できない関連資料(会社概要、製品カタログ等のパンフレットや冊子)
 がございます場合は、下記(6)の送付先(JEITAベンチャー賞事務局)宛てに郵送・
 宅配便等で2020年2月3日(月)正午(必着)までにお送りください。【1セット】

 ※提出書類に不備等がある場合、審査対象とならないことがあります。
  (事務局より確認等の連絡を行う場合がありますので、ご了承ください。)

(4)推薦書(応募申請書)および審査時に推薦者の方から得た情報は、本事業の目的外には使用いたしません。

(5)応募締切:2020年2月3日(月)正午(必着)

(6)送付先・お問い合わせ先
 JEITAベンチャー賞 事務局
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル 5F(JEITA内)
 TEL:03-5218-1059
 E-mail:ts2019@jeita.or.jp

【選考】
(1)審査・選考
学識経験者等から構成された審査委員会において、(a)成長性・先導性、(b)波及性、(c)社会性の3つの観点から推薦書を総合的に評価し選考します。
 (a)成長性・先導性
  製品・サービスが成長性・先導性を有しており、ターゲットとする市場が明確で、
  市場性が認められること。
 (b)波及性
  製品・サービスに係る技術について、標準化・社会実装等を通じて、様々な企業等
  に利用されるなど、大きな波及効果が認められること。
 (c)社会性
  製品・サービスによって、国内における社会課題の解決への貢献が認められること。

・審査は書類審査を基本としますが、必要がある場合には推薦者(又は連絡担当者)との
 面接等を実施することがございます。

(2)選考結果の通知
受賞は、最終審査後(2月下旬〜3月初旬)に推薦者へ通知いたします。
選外となった推薦者には、結果の通知をいたしませんので、ご了解ください。  
・審査経過・内容等については一切お知らせできません。
・審査内容の詳細、選外となった応募企業名等に関する問合せ、審査結果に対する
 異議申し立てについては一切お受けできません。

【表彰特典内容】
・受賞者をプレスリリースにより紹介します。
・受賞者には表彰状および記念品を贈呈します。
・JEITAのホームページ「ベンチャー賞紹介サイト」に、各社の概要等を掲載することが
 できます。
・ご希望の場合、JEITA正会員として2年間の会費が免除されます。
・CEATEC 2020ベンチャーエリアの展示スペースを無償提供します。
・その他、JEITA会員企業との交流会などを検討しています。

【その他、ご確認事項】
(1)受賞の取り消しなど
下記に該当する場合は、推薦を無効または本賞の授与を取り消すことがありますので、ご留意ください。
・本表彰の目的を損なうような行為もしくは虚偽の記載があった場合。
・法令違反など社会通念上、本賞受賞とすることがふさわしくないと判断される場合。

(2)情報等の取扱いについて
個人情報の取り扱いについては、JEITAホームページ(下記URL)に記載の個人情報保護方針に基づき、個人情報に関する関連法令・ガイドラインを遵守し、管理・運用を行います。
【個人情報保護方針】 https://www.jeita.or.jp/japanese/privacy/

英文の募集案内[Application Guidelines]および推薦書(応募申請書)[Application Form」については、下記の添付内容のとおりご案内いたします。

以上

推薦書(応募申請書)
JEITA Venture Awards Application Guidelines
JEITA Venture Awards Letter of Recommendation(Application Form)

ページの先頭へ戻る