トップページ > Society 5.0社会実装で世界を先導するイノベーション先進国に向けて
JEITA技術戦略部会 提言

Society 5.0社会実装で世界を先導するイノベーション先進国に向けて
JEITA技術戦略部会 提言

Topicsトピックス

JEITA技術戦略部会では、国の「第6期科学技術基本計画(2021〜2025年度)」に向けて、2018年度後半より、電子情報技術分野の産業界の立場からの提言を検討してきました。今般、提言の基本的内容がまとまりましたので、ここに公開いたします。
 今回の第6期科学技術基本計画の実行期間は、前回・第5期科学技術基本計画にて掲げた日本提唱のビジョン、「Society 5.0」の成長期(社会実装)であるという認識を基軸に、日本が世界をリードすべく、国際競争力の復興に必要なものは何か、“日本ならでは“の社会デザインをイメージし、個が輝ける人間中心の考え方を中心に据え、日本がギアチェンジし、ゲームチェンジを図るための道筋の明確化を提言しています。
 なお、今回公開する提言は、現時点(2019年12月)での内容となります。JEITA技術戦略部会では、来たる1月29日(水)に開催予定の “技術戦略シンポジウム”(当部会主催)に、政府関係者や有識者の方々をお招きし、本提言内容に関連したご講演とパネル討論を実施いたします。この技術戦略シンポジウムでの議論も踏まえ、今後、目指すべき2030年以降の社会デザイン、Society 5.0の具体的な社会実装を支えるIT・エレクトロニクスの重点技術、新しいイノベーションスタイルとその実現のための制度・環境整備、人材育成に関して考察を深め、現時点での提言を更にブラシュアップしていく予定です。

提言
技術戦略シンポジウム開催案内(2020年1月29日(水))

ページの先頭へ戻る