Society5.0実現/SDGs達成に向けた
センシング技術分科会

INFORMATION

背景と調査の重要性


社会全体で加速しつつあるSociety 5.0は、サイバー空間(情報空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、新たな人間中心の超スマート社会であり、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の達成に貢献する。Society 5.0では、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有される。また、人工知能(AI)がビッグデータを自動的に解析し、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボット、ドローン、自動運転などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題の克服が期待されている。

Society5.0では、交通、医療・介護、ものづくり、農業、食品、防災・減災、エネルギーなどの分野で新たな価値の創造が期待されているが、各分野のニーズと合致したフィジカル空間のセンサ群からの膨大なデータを、サイバー空間に収集・蓄積・分析するためのセンシングソリューション技術が必要不可欠である。特に、高速大容量・低遅延・高信頼・多数端末同時接続の特性を有する5Gは新たなイノベーションを起こすことが予想され、センシングソリューションが劇的に進化することは確実である。
本分科会では、SDGs達成に貢献し、Society5.0を支える基盤となるセンシングソリューション技術の現状と動向を広く調査し、最新の先端情報の収集と資料作成を行い、Society5.0の実現とSDGsの達成に資する活動を行う。
具体的には、以下について幅広く調査し、センシングソリューション技術がもたらす将来像について議論する。


調査項目

  • (a)  5G関連技術
  • (b)  各分野でのセンシングソリューション技術の応用事例
  • (c)  スマートセンサ、MEMS等センシング技術
  • (d)  AI、ビッグデータ解析技術、サイバーセキュリティ技術
  • (e)  各分野のシステムの高度化に資するデータベース技術
  • (f)  システム連携に備えた通信インタフェース、データフォーマット
  • (g)  Society5.0を実現するための規制・制度の課題抽出
  • (h)  無線給電、低消費電力化、不揮発性メモリ、自律分散型時刻同期、新材料・新構造等の新技術

委員会参加MEMBER

azbil
オムロン
sony
東芝
Panasonic

富士通
富士電機
三菱電機
村田製作所
横河電機


PAGE TOP