フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2011 社団法人 電子情報技術産業協会

[ ]
「フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2011」
参加のお礼

標記シンポジウムにご参加いただきありがとうございました。

今年は、約120名の参加をいただき、成功裡に終了致しました。来年も、同時期に開催を予定しておりますので、ご参加の程、よろしくお願いします。
電子ファイルにつきましては、一部を除きプログラムの講演番号からダウンロードが可能です。

なお、当日配付致しました資料集は当協会サービスセンターで頒布(会員2,500円、会員外3,000円)しております。

TEL:03-5218-1086 FAX:03-3217-2725
http://www.jeita.or.jp/

[ ]


- -
|
【開催主旨】

フラットパネルディスプレイ(FPD)の応用製品の設計・開発・利用,及びFPDの設計・開発に役立つ人間工学関連最新動向を紹介し、ディスプレイに関わる市場のよりよい発展を目指してシンポジウムを開催します。
-
- -


主 催 (社)電子情報技術産業協会 ディスプレイデバイス部会 ディスプレイデバイス事業委員会 人間工学専門委員会
協 賛 日本人間工学会
日 時
2011年3月4日(金) [シンポジウム]  9:30〜18:05
  [懇親会] 18:15〜19:45
会 場
[シンポジウム]成蹊大学4号館ホール
[懇親会]成蹊大学10号館12階ホール
http://www.seikei.ac.jp/gakuen/campus_uni.html
武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
(アクセス:http://www.seikei.ac.jp/gakuen/access.html
参加費
[一般] 7,000円(消費税・資料・昼食・懇親会費含)
[学生] 無料(資料なし)


【FPDの人間工学シンポジウム2011プログラム】  
セッション 時間 講演番号 タイトル 講演者
はじめに 9:30-9:35 0A 人間工学専門委員会 久武委員長 挨拶 人間工学専門委員会
セッション1
携帯機器用ディスプレイに求めるもの
(座長:シャープ冨沢氏)
9:35-10:05 1A プリンテッドエレクトロニクス技術によるフレキシブルディスプレイの開発 産総研
鎌田俊英先生
10:05-10:35 1B 電子ペーパーはどこまで紙を電子化できたか/できるか ブリヂストン
和田宏明氏
セッション2
ディスプレイの色表現。
人間工学的にあるべき姿とは
(座長:東芝モバイルディスプレイ久武氏)
10:35-11:05 2A 多原色ディスプレイの意義 シャープ
冨沢一成氏
11:05-11:35 2B 色のコントラスト感度特性 千葉大学
池田宏明名誉教授
セッション3
FPDの国際標準動向。
我々は何をすべきか
(座長:日立小池氏)
11:35-12:05 3A 国際標準化戦略〜国際規格の重要性 千葉大学
池田宏明名誉教授
12:05-12:55 昼食:弁当+お茶提供
12:55-13:05 3B IEC/TC110/WG2の経緯と動向 IEC/TC 110/WG 2
石黒 勝己コンビナ
13:05-13:35 3C IECにおける動画像ボヤケについて 大塚電子
江南世志氏
13:35-14:05 3D ISO/TC159/SC4の経緯と動向 YOSHコンサルタンシー
中野義彦氏
セッション4
3D、動画像の安全性及び快適性を探る
(座長:東芝平氏)
14:05-14:25 4A 3Dディスプレイの人間工学 日立製作所
小池崇文氏
14:25-14:55 4B 3Dアーチファクトと生体影響 早稲田大学
河合隆史教授
14:55-15:10 休憩:コーヒー提供
15:10-16:20 4C 究極のテレビ、究極の画質 津田塾大学
麻倉怜士先生
セッション5
テレビ視聴に関する
人間工学ガイドライン策定へ向けて
(座長:成蹊大学窪田教授)
16:20-16:45 5A ガイドライン標準化の是非とその施策 東芝モバイルディスプレイ
久武雄三氏
16:45-17:10 5B 高色再現評価数の開発と、視野角評価への適用 ソニー
中枝武弘氏
17:10-18:00 5C 液晶テレビの省エネ,画質,視覚疲労 成蹊大学
窪田悟教授
おわりに 18:00-18:05 0B DD事業委員会挨拶 井上委員長
懇親会 18:15-19:45 立食会

【講演内容の問い合せ先】
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル
(社)電子情報技術産業協会 電子デバイス部 ディスプレイデバイスグループ
担当:三浦、渡辺
TEL:03-5218-1061 FAX:03-5218-1080

>過去の実績
「液晶ディスプレイの人間工学シンポジウム2003 (2003.3.11)」概要
「液晶ディスプレイの人間工学シンポジウム2004 (2004.3.12)」概要
「液晶ディスプレイの人間工学シンポジウム2005 (2005.3.11)」概要
「液晶ディスプレイの人間工学シンポジウム2006 (2006.3.3)」概要
「フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2007 (2007.3.9)」概要
「フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2008 (2008.3.7)」概要
「フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2009 (2009.3.6)」概要
「フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2010 (2010.3.5)」概要
-