トップページ > 環境問題への取組み

環境問題への取組み-DD環境委員会-

我々の日常生活には、ディスプレイを使用している製品が多々あり、将来も一層の需要拡大が見込まれています。このような生活環境の中、JEITA内の関連委員会、また関連団体とも連携しつつ、全般に関わる環境問題の解決に継続的に取り組んでいます。

ミッションMission

  • ディスプレイデバイス産業に共通した環境課題に対応します。
  • 関連委員会からの諮問に対し、必要な調査活動を経て答申を行います。
  • 必要と思われる新規活動方針案を立案し、提言します。

活動概要Activities

ディスプレイデバイス環境委員会は、以下の活動に取組みます。

◆地球温暖化防止に向けた電機・電子業界の取組み
電機・電子産業全体の省エネ活動と連携しつつ、ディスプレイデバイスの製造段階における省エネルギー活動に取り組んでいます。
◆温室効果ガス排出量削減活動の取組み    【English】
ディスプレイデバイス製造工程で用いられるパーフルオロカーボン(PFC)等の温室効果ガスは、排出された後の大気中での寿命が長く、その地球温暖化係数(炭酸ガス換算係数)はCO2の数千倍以上にもなります。このためディスプレイデバイス業界ではこれらのガスに対し、自主的な削減目標を設定し、排出量削減に取り組んでいます。
◆環境問題への国際的な取組み
世界ディスプレイデバイス産業協力会議(WDICC)の枠組みの中で、地球に与える環境負荷軽減に取り組んでいます。
◆化学物質管理の取組み
国内外の環境負荷物質に対する規制強化の動きの把握に努めています。
◆リサイクル活動の取組み
今後一層の需要増加が見込まれるディスプレイデバイスですが、その廃棄段階において地球環境に与える影響を無視することはできません。ディスプレイデバイス産業も循環型社会形成のため、あらゆるところで使用されるディスプレイデバイスの再資源化研究の促進に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る